多摩川

荒川

利根川

東京湾

江戸川

手賀沼

太平洋

印旛沼

(西浦)

霞ヶ浦

(北浦)

古関東深海盆とは?

古関東深海盆

私の姓は関東(こかんとう)、名は深海盆(しんかいぼん)と申します。古い時代に生まれたので古関東深海盆と呼ばれています。または、水文学的には関東地下水盆とも呼ばれています。


この図の範囲は、関東平野が深い海の時代に堆積した地層の分布です。関東平野が平らで広大な台地、海に面する低地、なだらかな丘陵からなるのも、海盆が陸化したからです。つまり、関東平野は、深い海の時代、浅い海の時代、内湾の時代を経て、今の平らで広大な台地を持つ現在の関東平野になったのです。このような深海盆から誕生した平野は、世界でも珍しいのです。古代から今日まで、深海盆の上の大地に、多くの人々が生活し、そこから多くの恵を受けてきました。また、災いにもあってきました。


ところが、200万年、100万年と長い間、静かに寝ていた私を、突然国際ジオパークとやらに認証させ、再度地質学的な学術・環境・観光公園として再雇用しようとのことであります。